D413復活

はい、というわけで火曜日と水曜日にチャンプに行ってきました(。^ω^。)

201803212301553b8.jpg

タイトルにもあるように、久しぶりにD413を復活させました。

最近は2WDモデばっかりやってたのでたまには四駆をやろうかなと思い立ち、去年のワンダーのバトルフェスティバル以降約1年走らせてなかったのでメカを載せてなんとか走れる状態に(;´Д`)

201803212301558f4.jpg

シャシーはEXOTEKのPRO´17シャシー。
アッパーレス化されたシャシーで、センターデフを支持するアルミマウントもEXOTEKのマウントに変更しセンターデフを取り出しやすくしました(。^ω^。)

一年ぶりの四駆ということであまりメンテをせずにそのまま走りました。
ダンパーオイルの番手やらピストンやらギヤデフの番手なども何を入れてたか全然覚えてません(笑)

とりあえずタイヤをフロントがエレクトロンのB-MAXインナー、リヤはモールドのエレクトロンで走行。

一年ぶりだったとはいえ、意外にも普通に走る走るΣ(゚ω゚ノ)ノ

ある程度四駆に慣れてきたところで、アライメント調整、バンプステア、車高、リヤウイング、スタビなどを弄ってセッティング。

201803212301553e3.png

二日間走った5分のベストタイムは15周の5分6秒。
ベストラップは19秒1。

16周に入れたかったところですが、全体的にセットがまとまってきたので、これはこれで収穫あり( `・ω・)

更に、フロントのサスアームをハードタイプのサスアームに変えてフィーリングを確かめ、コーナリング中の巻き込み癖を軽減。

しかし・・・

20180321230155ebc.jpg

バックストレートの内側のコブで跳ねあげて高台の斜面に直撃して、不死身と言われるD413の足を折ってしまいました。・゚・(ノД`)・゚・。

まぁ、雪が降るくらい気温が低くハードタイプでしたからね( ̄▽ ̄;)

そんなかんやでD413を走せてましたが、中々気持ちよく走れたかなと(。^ω^。)

まだまだ詰めれる部分はありますが、久々に四駆で気持ちをリフレッシュ出来た事の方が大きかったので、また気が向いたら四駆をやろうかなと思います(´・ω・`)

今度の休みはモデをやるかな~?

スポンサーサイト

四駆特訓中(´・ω・`)

久々の更新ですん( ̄▽ ̄;)


年度末で仕事が忙しく、全然更新出来てません(;´Д`)


チャンプ2月戦でボロボロな結果だった四駆をここ数週間鍛え直しております。


201703130657509f5.jpg


色々とあれこれ試しているうちにピットが戦場化(-ω-;)


とりあえず、前回のレースで走れなかった原因としては

・手が四駆モードになってなかった
・車のセットを詰めてなかった


というところですかね(´・ω・`)



何とかセットもある程度出せて、まともに走れるようになりました (。-`ω´-)

あとはメンタルのみです。


さて、まだまだ課題は残っていますが、来週は腕試しにマニアリで行われるワンダープロダクツのバトルフェスティバルROUND-4に参戦してきます(。^ω^。)

強者揃いですがチャンプのギャップ路面で修行した成果が出ればいいなと

今週はメンテを頑張らないとなぁ~( ̄▽ ̄;)

D413 アッパーレス化

はい、というわけで今回はD413のアッパーデッキを廃止するシャーシを組んでいきたいと思いますん(^ω^)

20161212094646777.jpg

EXOTEKから発売されたD413 PRO′17 CHASSIS SET。

設計構想が古いD413の新シャーシです。

今までAVIDやschelleからもアルミシャーシなどは出ていましたが、アッパーレスになるシャーシは初めてです。

今現在出ている4WDマシンはアッパーレス化が標準となりつつあるので、僕も換装してみようかと思います(^ω^)

20161212094646406.jpg

まずはメインシャーシにサイドガードを組み付けます。
サイドガードは樹脂の削り出しでかなり丈夫な印象です。

20161212094646ffc.jpg

次にシャーシ中央に付属する背骨を組み付けます。

201612120946467de.jpg

アルミパーツを付ける時はネジにネジロックを塗布して組みます。

201612120946464d2.jpg

次にアッパーデッキの切断を行います。
EXOTEKから発売されているPRO´17用のショートアッパーセットを買えば加工は入りませんが、純正のアッパーデッキを流用する場合はカットします( ̄▽ ̄;)

20161212101204c40.jpg

20161212100821b1e.jpg

切断箇所は4箇所。
事前に線を引いておくと良いです(´・ω・`)


ダイヤモンドカッターなどで切断し、切った断面は瞬着とプライマーで剥離防止の処理を行っておきます。


20161212100821c6a.jpg

20161212100821cf9.jpg

2016121210082106d.jpg

サーボや前後デフ、センターデフ周りを組み込んでいきます。

ちなみにサーボマウントは付属するサーボマウントしか使えません。更に、片持ち式のサーボマウントも使えないのでご注意を(´・ω・`)

201612121023413fc.jpg

2016121210315991e.jpg

20161212102341f0d.jpg

20161212102341839.jpg

メカ積みすれば完成(^ω^)
キャパシタの配線が気に食わな~い。・゚・(ノД`)・゚・。

僕はschelleのシャーシを使っていましたが、アッパーレスシャーシに変えたら車が重くなりましたね(´ ゚ω゚`)

Schelleシャーシでの重さは測ってませんが、EXOTEKのアッパーレスシャーシに換装した重さは1812g!

B-MAX4Ⅲ並の重さですね(;・∀・)
重さによって安定感がアップしたり、アッパーレス化によりジャンプの着地が落ち着くのではないかと思われます(^ω^)

チャンプのレースまで残り一回しか無い練習でシャーシ換装という暴挙が吉と出るか凶と出るか・・・(ーー;)

D413メンテ日記

時は溯って、チャンプ走行前日。


D413をメンテしながらブログネタを考えていました(´・ω・`)


まぁ、今回は大した内容じゃないんですが(;´Д`)


いつも大した内容じゃないだろっ!っていうツッコミはなしで( ̄▽ ̄;)


まずはベアリングについて

20161206112303f24.jpg

写真右がD413純正のベアリング。
D413って説明書通りに組むとニュートラルブレーキの設定をしなくても転がりづらかったりします。

純正のベアリングは粘度の高いグリスが封入されており、転がりにくいと思ったわけです(´・ω・`)

まぁ耐久性は高いですが、個人的に転がるようにしたいので汎用のベアリングに交換。
足回りから駆動系まで全て交換して大分転がりやすくなりました(^ω^)

転がりやすくなると車のギクシャク感がなくなります。


次にサスアーム。

201612061123036bd.jpg

D413の特徴的な部分の一つとも言えるサスアーム。
写真の様にサスアームとフタで分かれています。

フタを外した状態でサスアームを手でグイッとやると結構捻れます( ̄▽ ̄;)

D413はロールしやすい車で、サスアーム自体も柔らかいのでコースや高いグリップ時はサスアームが捻れすぎてしまう場合があります。

そこで

20161206112303fb6.jpg

オプションで出てるカーボンのフタを組むとサスアームの捻れがかなり改善されます。

20161206112303419.jpg

カーボンのフタを組むことで一般的な四駆のサスアームの硬さにはなるかと思います。

後はセッティングによって真ん中のネジを外して剛性を落としてみたり、前後でフタを入れるか入れないかという使い分けも出来そうです(^ω^)

20161206112303a72.jpg

サスピンのチェック。
これはどの車種でも共通で、曲がってるサスピンは交換しましょう。
サスピンを変えることによってサスアームがスムーズに動くようになります。

20161206112303cb9.jpg

ギヤデフオイルの交換。
パーツクリーナーで綺麗にしたいところですが、ケース内にクリーナーの成分が残って新しいオイルを入れた時に性質が変わるのをあまり好ましいとは言えないのでこのように吊るしてオイルを抜きます。

ちなみに洗濯バサミに適当な棒を刺して物干し竿と同じ感覚で吊るしてます(^ω^)

ホントはシリコンオイルを一気に洗い流せる溶剤があればベストですが、樹脂のデフケースに悪影響及ぼしそう( `・ω・) ウーム…


あくまで個人的な主観で書いているので間違ってたらごめんなさいです(;´Д`)

D413セット出し(´ ゚ω゚`)

はい、というわけで昨日は1日チャンプでD413のセット出しの続きを行いました(^ω^)

2016120213473497d.jpg

前日にメンテをして、ベアリングやサスアームを交換しました。


とりあえず、前後のギヤデフは5000番、センターデフは100000番でスタート。


2016120213414116c.jpg

サスアームもオプションのカーボンのフタを付けてサスアームの剛性がアップ(´・ω・`)

D413のサスアーム、純正のプラのフタだとかなりぐにゃぐにゃします。

コーナーを曲がってる途中で車がグキッと曲がったりヨレたりしてる感じがあったのでカーボンのフタを試してみました。

走った感じはサスアームのしなりや捻じれによるヨレ感がなくなり、シャキッとした車の動きになりました\(^o^)/

更にストレートエンドでの引っ掛かりが少なくなり、進入良い感じに。


この地点でのベストタイムが

2016120213444286c.png

17周の5分12秒。


前後のダンパーが柔らかく感じたので前後とも固くしてみることに。

Fオイル ロッシ40番→ロッシ45番
Rオイル ロッシ35番→ロッシ37.5番

ダンパーオイルを固くしたことでギャップで跳ねて暴れてしまうかなって思いましたが、意外と暴れない(^ω^)

全体的にロールを少し抑えたのでキビキビ走る感じになりました。


20161202134339e0e.png

ダンパーオイルを変えたあと、17周の5分11秒とベスト更新。

出来れば17周のシングルに入れたいですね(ーー;)

20161202134141b13.jpg

まだまだセットを詰めれる箇所はあるのでレースまでにじっくりと仕上げていきますかね(´・ω・`)

来訪者
プロフィール

massa

Author:massa
サーキット行くたびにガッシャーン!!万年初心者のピヨピヨ走行にご注意!
主にチャンプ相模原に出没していますん(・∀・)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード