FC2ブログ

Stock´s Combat 2019 Eastern stage参戦記

というわけで、今年のストックコンバットが始まりました!

27日に行われたストックコンバットのチャンプ戦に参戦してきました(・▽・)

20191029222313a38.jpeg

201910292223154e9.jpeg

201910292223184ff.jpeg

オープンクラスが約80人、インビテーションクラスが25人で延べ105人のエントリー!レース当日は大変盛り上がりました(・ω・)

201910292223593c8.jpeg
GAGAの高橋さんとコータ様に挟まれながらのコラボショット(笑)

例年通り、インビテーションクラスに参戦しました。

前日の練習ではとにかくフロントタイヤの組み合わせとリヤのインナーの加工の違いをひたすら試して細かいセット変更を確認しました。

レース当日。
まずはコントロールプラクティス。
路面の状況、マシンの動きを確認。
とりあえず無難に周回( ̄▽ ̄;)


んで結果を見るとまさかのAメインヒート9番手にΣ(゚ロ゚;)
普通に見れば凄いじゃん!!ってなるかもですが、これがまた辛~い状況なのです(´;ω;`)

Aメインヒートのメンツはほぼ全日本トップ10メンバー。
当然、僕よりも遥かに速い人達なので、速さ的に譲らなければならない場面が多く、タイムが出しづらくなるのですヽ(;▽;)ノ

出来ればBメインでこっそりとタイムを上げたかったのですが.......(´°ω°)チーン

予選1回目。
全日本トップ10メンバーと同じヒートで予選を走るのはこれが初めてで緊張しまくりです((((;゜Д゜))))
この時点で自分が体験したことの無い未知の領域に入り、ガクブル状態で走ってミスを連発(゚д゚lll)
中々立て直せませんでしたね。

この時点で総合15番手。

予選2回目。
一回目はガチガチでしたが、2回目を走る前に何がいけなかったのか、何をするべきなのかを良く考えて2回目に臨みました。
とりあえずミスを減らすべく周りのペースに惑わされないように自分のペースで走ること。
後は気持ち的に開き直ってしまうこと!
そんな感じで走ったら結構無駄な力が抜けて冷静さを取り戻せたかなと思います(´-ω-`)

20191029224540d1b.jpeg

予選2回目、3回目はそれぞれタイムアップして10番手タイムを2つ取ることが出来ましたが、いよっちとのポイント争いでBメインポールになりました。・゚・(ノД`)・゚・。

車の調子は悪くなく、人間的な要素でミスった部分が多かっただけに悔しかったですね。

20191029224419133.jpeg


決勝。
操縦台に立つと隣のGAGAの高橋さんがジーッと見てきますw威圧とも受け取れるアツーイ視線が気になりますが集中集中w
Bメインのメンツも中々濃く、N川さんとK井さんも調子が良さそうで、一筋縄ではいかないかなーと思ったBメイン決勝。

スタートも決まり自分のペースで無理しないように走ることに集中することにしました。
序盤から抜け出して、2番手にGAGAの高橋さんが上がってきたところで隣から何やら念仏が聞こえてきましたが、シャットアウトw

そのまま逃げ切ってBメイン優勝となりました( ̄▽ ̄;)

20191029222357041.jpeg


インビテーションクラスに出てから過去最高記録ですが、Aメインの壁は中々越えられません。
この全日本メンバーにいかに割って入れるようにするのか、今後の課題として色々と修行していかなければなりません(´・ω・`)

今回、久々にD216で参戦しましたが、昔よりもかなり良い方向に車を作ることが出来たかなと。
まだまだ引き出せそうな部分があるので引き続き色んなテストをしていきたいと思います。

車作り、メンタル、やらなきゃいけないことは多々ありますが次戦のマニアリ戦も頑張りたいと思います!

スポンサーサイト



10/20 チャンプスタジアム

台風19号が過ぎ去ってから色々とバタバタしておりましたが、D216のテストはちょこちょこと進めています(;'∀')

2019102208154495b.jpeg
ストックコンバットまで1週間を切り、まだまだ試さなきゃいけないことはありますが、
出来る範囲で体感していこうかと(´-ω-`)

マニアリ7周年の原選手のマシンを参考にバッテリーをがっつりと前に移動しました。
僕のD216はメインシャーシがEXOTEKのアルミを使っており、サイドプレートもEXOTEKを使用しているため、
原選手仕様のD216より5mm程後方になっております。

フロントへの荷重は増え、レイダウンみたいに転がして走る感じが出てきました。

20191022162749736.jpeg

次にリヤサスアームの変更。
D413のノーマルリヤサスアームを削って付けてみました(;'∀')

20191022162916a8f.jpeg
取り付け方は、D413のリヤアームのサスピン側を端面から4mmずつ削ります。
サスアームの角がサスマウントに干渉するので現物合わせで削って取り付けます。

D413のサスアームを付けた狙いとしてバネ下重量の軽量化、
サスアームのしなりを生かしたセッティングの変更が出来るかどうかという感じです(=゚ω゚)ノ

D216のサスアームはサスピン側にアルミパーツが付いており、サスアームをアルミパーツにはめ込む構造になっているため、
サスアーム自体の重さがあります。
D413のアームに変えると約8gほど軽くなります。
また、D216のアームに比べて柔らかくなり、サスアームのしなりを生かすことが出来ます。

サスアームに被せる蓋はノーマルとカーボンで試しましたが、
グリップの悪いときはノーマルのフタ、グリップが良かったり路面がフラットな時はカーボンのフタの方が
感触が良さそうです( ̄▽ ̄)

注意する点としては、サスアーム根元の耐久性が落ちるので折れるリスクもありますので、
試したい方は自己責任でお願いします(;'∀')

20191022081545668.jpeg

最後に前後ダンパーステーとD418ダンパーの取付。
北の大地よりオリジナルのダンパーステーが届きました(・∀・)
レース1週間前の最後の練習日に間に合ってよかったw

重心の高いD216ですが少しでも低重心にするためにダンパーもD413のロングダンパーから
D418のショートダンパ変更し、高さ的には約5mm位下がったかなと思います。

色々と低重心化を進めてはいますが、スタンドアップに変わりはないのである程度限界がありますが、
ノーマルのD216と比べるとシャキシャキ動きやすくなったかなと('ω')ノ

さて、今週末はいよいよストックコンバット・チャンプ戦が行われます。
前日練習も5時間しかなく、参加人数が120人近いので練習時間も相当限られてくるかと思います。
その中でやるべきことをしっかりとやってレースに臨みたいと思います。

まずはメンテせねば・・・(;´・ω・)

10/5 チャンプスタジアム

前回に引き続きD216のセッティングを色々と試していきます(・ω・)

20191007234315c38.jpeg

ボールデフやリヤスタビを入れたことによってトラクションが向上し、重心が高くロールを誘発しやすい特性をリヤスタビを使ってロール抑制していくことで軽快感が出てきました。

20191007234319525.jpeg

D216のリヤダンパーの位置は通常は後ろ側になりますが、左右のサスアームをひっくり返して付けることで前側にダンパーを持ってくることが出来ます。
しかし、横から見るとダンパーの角度が斜めに付くので、ダンパーステーの根元にスペーサーを入れて垂直方向に少し向けてあげます。
今回は3mmスペーサーを入れてみました。
ダンパーを垂直方向にしていくと旋回性能が良くなり小回りが効くようになります。

201910072343182e7.jpeg

ちなみにサスアームをひっくり返して付けるとホイールベースが伸びます(;・∀・)
写真は化け野さんのB6.1との比較。
明らかに長いです(笑)

20191007234316c6e.jpeg

次にウイングの位置をウイングステーを下に向けて低い位置に付けました。
リヤ周りの重心が高いD216では中々有効で、重心を低くすることでシャキッとした動きになります。
リヤの動きがかなり変わりやすくなるのでリヤスタビの太さを変えて調整するといいでしょう(´ω`)

20191007234313756.jpeg

詳細の写真を撮り忘れてしまったのですが、スリッパーを標準の3枚から2枚に減らしました。
パッド1枚と真ん中に挟まっているプレートを取り除くと約4g軽くなります。
駆動系4gの軽量化の効果は絶大でスロットルを入れた時のレスポンスが良くなります(・ω・)

ダブルスリッパーにする方法は後日紹介したいと思います(^_^;)

そんな感やであっという間に一日が終わってしまいましたが、
ココ最近は色々と自分のやったことないことを試していて、効果もハッキリと確認が出来たのでクルマ弄りが楽しいです(o^^o)

次回も試せる内容があるのでコツコツとやっていきますかね\(^o^)/

10/1チャンプスタジアム

というわけでチャンプに行ってきました(・ω・)

ストックコンバットのエントリーも始まっており、既に定員100人に達してしまうほどの盛況っぷりΣ(゜Д゜)

僕はいつも通りにインビテーションクラスにエントリしました。
メンツが濃いので厳しい戦いになりそうです(^_^;)

201910030712024da.jpeg

さて、マニアリ7周年レースを終えて色々と思う所があってD216を復活させました。
ストックコンバットはD216で参戦予定です。

現在、レイダウンが主流となっているレースシーン。
スタンドアップであるD216で戦うには色々と対策を考えていかなければなりません。

20191003071203f15.jpeg

まずは駆動系の変更。
D216は通常はギヤデフしか無く、土路面を走らせるには中々厳しかったですが、
写真のようなデフセットを組み込むことでボールデフに変更することが出来ます。
このボールデフは海外のebayで販売されているもので、デフギヤがオリジナル、デフカップ、デフリング等はMIPを使っています。
限定100個の生産とのことです(;´Д`)

で、待望のボールデフを組んで走った所、安定して走れるようになり、立ち上がりの握り始めるポイントも他の車と同じような感じで走れるようになりました\(^o^)/
まぁ、これが当たり前だったりするんですがね(;・∀・)

2019100307120661e.jpeg

次にボディをテストしました。
ボディはヨコモのDTM3用のF2軽量。
現物合わせしながらカットしたらこんな感じになりましたw
F2の特徴的な尻尾をバッサリ切り落としてほとんどコクピット部分だけですw

20191003071209d75.jpeg

D216はスタンドアップの中でも重心が高めなのでなるべく低くするように装着。
バッテリ留めのナットが当たるので、その部分は穴を開けてます( ˙-˙ )


201910030712073bf.jpeg
リヤスタビも試してみました。
スタンドアップは重心が高く、レイダウンに比べてロールしやすいのでロール抑制していきます。
太くするほどリヤのロールが減りシャキッとした動きになります(・ω・)

こんな感じで色々と試しましたが、レイダウン相手に戦うにはまだまだかなと( `・ω・) ウーム…

バッテリーの位置やダンパーのリミッターなどを今度は弄っていこうかと思いますん(´・ω・`)

とりあえずメンテせねば( ̄▽ ̄;)

来訪者
プロフィール

massa

Author:massa
主にチャンプ相模原に出没していますん(・∀・)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード