マシンの不調の原因は○○だった(;´д`)

皆さん、おひさしぶりですん(・∀・)

ネタは色々とあるのにパソコンの電源を入れることすら面倒臭くなってサボリ気味になっているマッサでございますん(^_^;)

さて、タイトルにもあるように、自分のマシンがレース前からどうにも不調でした。

単に整備不良ならまだしも、車の動きがパキパキしていて扱いづらかったです(ーー;)

20150429_131211_resize_20150430_225204.jpg

フロントの初期を逃がすためにまずはアルミのサスホルダーとステアリングワイパー一式をプラに戻しました。

しかし、まだまだピクピク感があります(ーー;)

次に、アンプやバッテリーなどの重量物を後ろに寄せれるだけ寄せてみましたが、これでもまだまだ扱いにくい(;´д`)

フロント周りはアッパーアームを最大に伸ばしたり、バンプステアを2.5mmにしたり、キャスターを34°にしたりと
徹底的にどアンダー仕様にしましたが、それでも扱いにくい( ;∀;)

こうなったら疑うのは一つしかない!


そう、


サーボを疑えと!!


20150429_124513_resize_20150430_225205.jpg

実はレース前にヨコモのロープロサーボが壊れ、仕方なくサンワのERS-961を載せましたがこいつがすべての元凶でした。。。


20150429_124456_resize_20150430_225207.jpg


いよっちにサンワのSDX-801というロープロサーボを借りて走ったのですが、走りが劇的に変化しました(;´д`)

パキパキ感が消え、見事にどアンダーな車になりました(´・ω・`)

ERS-961とSDX-801、何が違うのか?

まずは重量。

ERS-961は一般的なサイズのサーボ。
重量は54g。

一方、SDX-801はロープロサーボで
重量は50g

フロント周り4gの差は結構効きます(ーー;)

そして、劇的変化に影響したのがサーボのトルク。

ERS-961は12.3kg・cm

SDX-801は6.4kg・cm

電動バギーで使うには10kg・cm位のサーボが良いと言われてます。

となると、SDXー801はトルク不足であるように見えます。


実は


これが重要だったりします


サーボなんて値段が高いやつ、性能が良いやつ使えばいいじゃんと思うかもしれませんが、
今回、僕が感じたのはいかに扱いやすいフィーリングのサーボを選ぶかだと思いました。

ERS-961は約9000円。

SDX-801はチャンプ価格で6000円で、ギヤなども売っているので比較的直しやすいサーボです。

んで、自分の車のフィーリングが変わったのはSDX-801のトルクの少なさだと思います。

サーボのトルクが少ないと保持力(ステアリングの位置を保持する力)が弱く、結果的に車がアンダー傾向になります。

逆に保持力が強いと、ダイレクトな操作感になりますが、トルクが逃げないので、車に挙動が全部伝わってしまうというイメージだと思っていいと思います。

つまり、自分の車はサーボのトルクを落として、わざと車全体の挙動を逃がしていることになります。

サーボへの過負荷が気になるかもしれませんが、幸いにもステアリングワイパー一式をプラに戻しているので、
そこで逃げているかなと思いますん(´・ω・`)


とりあえず、サーボをロープロにして車としてはアンダーな傾向になりました。

今までの自分の車は転がして曲がる車でしたが、

今は曲がらない車(握れる車とも言う)になっており、それに合わせてドライビングスタイルも変えているところです。

まだまだ乗れてないですが、ミスが減り、安定して走れるようになってきました(・∀・)


もっとセッティングを詰めて走れるように頑張ります!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者
プロフィール

massa

Author:massa
サーキット行くたびにガッシャーン!!万年初心者のピヨピヨ走行にご注意!
主にチャンプ相模原に出没していますん(・∀・)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード