2016年最後のチャンプ(´・ω・`)

はい、というわけで年末最後の走行でチャンプに行ってまいりました( ゚Д゚)

20161228224616a49.jpg


引き続き、D216のセッティングの方向性を探っていきます。


まずは前回のセット内容で走行。

そして、テスマンのセッティングシートを参考に前後のダンパー長を短くしてみました。

F:25.5mm→23mm

R:32.5mm→30mm


前後のダンパー長を短くして走りましたが、リバウンドが少なくなったのでギャップに弱くなりました(´・ω・`)

更に、リヤのイン側のタイヤが浮きやすく、駆動が抜けてしまいます。

ボールデフだと駆動が抜けにくいですが、ギヤデフはある程度のリヤのリバウンドを確保してタイヤが浮かないようにする必要があると感じました。

D216のキット標準のリバウンドが多めに確保しているのも駆動抜けを少なくし、ドライブしやすくしていると思われます。


ここで、テスマンのセッティングシートを理解しました。

テスマンのセッティングシートはハイグリップ路面で尚且つロールさせないセットだということを。

ダンパーの内側には2mmのリミッターを設けるなどのセットを施していた所を見ると、ハイサイド対策であったと考えられます。


D216はリヤに重量物が寄っているイメージがありますが、フロントの大きなショックタワーやダンパーがサスアームの前に付いているので、意外とフロントに荷重が乗りやすく、クイックなハンドリングになる傾向があるようです。


今のところのセットの方向としては・・・

フロントはキャスターの角度を付け、初期の動きをマイルド方向に振っていく。
リバウンドは少な目でいいかも。


リヤはリバウンドを多くし、足回りをよく動かせるようにするためにアッパーアームを短くする方向。
リヤのトーインは3.5度~4度辺りで探る

って感じで構想してますん(´・ω・`)


あとはフロントタイヤをスポンジインナーからモールドインナーに変えて、引っ掛かりを少なくして曲がるセットにしていこうかと。



大まかなセットの方向性や傾向が分かってきたところで年末最後の走行は終了~(;'∀')
色々な発見が出来たので個人的には有意義な時間になりましたね!


さて、次回のチャンプ出没は年明けの4日に出没予定ですん。

というわけで年末年始、仕事頑張ってきます( ノД`)シクシク…

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者
プロフィール

massa

Author:massa
サーキット行くたびにガッシャーン!!万年初心者のピヨピヨ走行にご注意!
主にチャンプ相模原に出没していますん(・∀・)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード