FC2ブログ

D418 プチ弄り

夏の酷暑でブログの更新が遅くなっているマッサでございます(;´Д`)

と言い訳してみるw


というわけで、D418をちょこちょこ弄ってチャンプのセットを模索中です。

201908031513208c2.jpeg

今回はほんの少しだけ弄った部分を紹介しようかと。


20190803151318405.jpeg

D418はモーターマウントの位置を2種類選ぶことが出来ます。
写真真ん中あたりにある4か所のビスを緩めて前後位置をずらすことが出来ます。
写真左側がフロント側、右側がリヤ側となります。
キット標準だとフロント側に付けますが、少しでもリヤのトラクションを稼げるようにリヤ側に移動しました('ω')

リヤ側にずらすとアンプによっては配線の取り回しが厳しくなるので注意が必要です。


20190803151316f75.jpeg

次にリヤのトー角。
D418はD413と同様にサスマウントを横からギヤボックスに固定する方式になっています。
リヤのトー角を変えるにはサスマウントのビスを外してスペーサーを増減させるだけで変更が出来ます。
キット標準では2mmのスペーサーが入って約3.5°のトー角が付きます。
チャンプではリヤトー4°辺りがよく使われるので、0.5mm追加して約4°に変更。


20190803151315493.jpeg

最後にダンパーキャップをアルミからプラに変更。
先日行われたヨーロッパ選手権でHBワークスのロナホークがD413用のプラキャップを使用していたので、
僕も真似てみました。

写真左がアソシのプラキャップ、右がD418純正のアルミキャップ。
使ったのはD413用のではなく、アソシのプラキャップ。
D413用のキャップは上部側もボールコネクト型でクラッシュなどで外れてしまう可能性があるので、
一般的なねじ止め式のアソシのキャップを流用することにしました。
ちなみにアソシのキャップをダンパーステーに取り付けるときはφ5.8ボールも付けましょう。

プラキャップは近年のマシンに採用されることが多く、ジャンプの着地の収まりが良くなったり、
ギャップの走破性が向上します。
ハイグリップでギャップの少ないコースではアルミキャップを使うという選択肢もありますが、
ほとんどのダートコースはプラキャップの方が無難ではないかなと思います( ゚Д゚)

そんなかんやで弄っていますが、思ったよりもキット標準の動きが良く、意外と弄らなくても走っているので
次にどこを弄ろうかと悩みますが、ある程度試したところでチャンプのセッティングシートをアップしようかと思いますん(^o^)

夏場にラジコンやられる方々、くれぐれも熱中症には気を付けましょう(;´Д`)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

来訪者
プロフィール

massa

Author:massa
主にチャンプ相模原に出没していますん(・∀・)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード